▼ GHC海外インターンシップの特徴

HIDA同窓会等の海外ネットワークと海外インターンシップ派遣実績(※)、経験を活かしてHIDAが実施するGHC海外インターンシップには以下のような特徴があります。

    ※2004年~15年度まで、25ヵ国のべ1,011人の派遣実績があります。
    【派遣実績国】
  • 東南アジア:インドネシア,カンボジア,タイ,フィリピン,ベトナム,マレーシア,ミャンマー,ラオス
  • 南アジア:インド,スリランカ,バングラデシュ
  • 東アジア:中国
  • 中南米:エクアドル,コロンビア,ペルー、ブラジル、メキシコ、チリ、ボリビア
  • アフリカ:ウガンダ,モザンビーク、南アフリカ、セネガル
  • 欧州:セルビア,トルコ

[派遣前]

ご希望に合わせた
受入先のご提案


【ご希望に沿ったローカル企業のご提案】
多様な業種において、HIDA は新興国の『現地企業』を中心とした幅広い海外ネットワークを有しています。
通常では実現が難しい現地企業への派遣、インターンシップ業務経験を、HIDA の有するネットワークを活用して受入機関としてご提案します。
【派遣時期・派遣期間等、カスタムメイドしてのご提供】
派遣希望時期や派遣期間等、貴社のご要望に即して柔軟に対応することが可能です。

インターンシップ内容の
個別コンサルティング


【個別に“カスタムメイド” したインターンシップ内容のご提供】
派遣者のインターンシップ目標を整理し、インターンシップ計画へ落とし込むことで、より実践的なインターンシップ内容とするべく、派遣者・受入機関との間でコンサルテーション・調整します。
インターンシップ活動を通じて、受入機関を含む現地関連機関とのネットワーク構築や情報収集等行うことも可能です。
【HIDA 専任コンサルタントによるきめ細かいトータルサポート】
専任コンサルタントが出発準備からご帰国までトータルサポートします。

[派遣後]

インターンシップ進捗確認、定期的なフォローアップ

【問題解決に向けた手厚いサポート】
派遣期間中も定期的に受入機関、派遣者と連絡を取り、インターンシップの進捗状況を確認します。
インターンシップ活動面で派遣者ご自身での解決が難しい場合、
HIDA またはHIDA のローカルパートナー(現地協力機関*)が素早く間に入って問題解決に向けてサポートします。

生活面サポート

【現地を知る「ローカル」メンバーによる “安心” サポート】
HIDA のローカルパートナーによる現地生活ガイダンス(オリエンテーション)の実施や、現地での移動手段等情報提供並びに現地生活をサポートします。
異文化ギャップ等でお困りの時にも、日本と現地の事情をよく理解しているローカルパートナーに相談できます。
現地の事情に即したアドバイスで、問題解決に向けて親身になって対応します。

健康面/緊急時サポート



【24 時間対応可能な緊急時対応】
HIDA が提携している「SOSインターナショナル」では、24 時間365 日対応可能な電話による医療相談・医療情報の入手や、緊急事態発生時には緊急搬送等サービスを受けられます。
【病院引率等、ローカルパートナーによるきめ細かい対応】
病気やけがが生じた際等、ローカルパートナーによる病院への引率や病院での通訳等、様々な面でサポートしますので、安心して現地滞在することができます。

*ローカルパートナー(現地協力機関)とは:
HIDA が50年以上にわたる産業人材育成事業で培った親日家・知日家の海外ネットワークで、日本で研修し帰国した研修生が世界各国で自主的に組織したNGO 組織(HIDA 同窓会)等を中心とした団体です。
HIDA 同窓会は43 カ国に71 カ所(東南アジア、南アジア、東北アジア、ヨーロッパ、アフリカ、ラテンアメリカ)にあります。
ページのトップへ戻る