▼ GHC海外インターンシップのねらい


新興国での業務を通じて、現地の商習慣や文化を学ぶだけでなく、多様なバックグラウンドを持った人々と信頼関係を築くためのコミュニケーション能力を磨くことができます。
グローバルリーダーとしての資質の向上に!

HIDA独自の受入機関やそのネットワークを通じて、貴社の今後のビジネス展開に有益な情報(商習慣、市場動向、消費者動向、各種業界事情など)を収集。
グローバル事業展開に向け豊富な情報を獲得!

新興国のローカル企業や公的機関と深く関わることで、産業界や公的セクターにおいて貴社の事業展開につながる人脈を形成することが可能です。
国と国、日本企業と新興国企業、人と人がつながる!


 思考や行動のベースとなる文化、価値観、宗教観、生活習慣などが日本とは大きく異なる新興国の現地ローカル企業や公的機関。周りに頼れる日本人はおらず、社風、意思決定方法、上司や同僚とのコミュニケーションスタイル、仕事への取組み姿勢、業務・スケジュール管理、顧客対応など、あらゆることが日本、また自社とは異なります。
 そうした日本や自社での常識が通用しない環境下、受入機関のローカルスタッフとコミュニケーションや調整を図りながら、業務や課題に取り組むことで、グローバル人材としての基礎力(異文化理解力、主体性・積極性、柔軟性、課題発見・解決力、ストレスコントロール力など)を向上させることができます。
 また、受入機関やそのネットワークを通じて、自社の今後のビジネス展開に有益な様々な情報(商習慣、市場動向、消費者動向、各種業界事情、QCDレベルなど)を収集し、また産業界や公的セクターにおいて将来に繋がる人脈を形成することも可能です。
ページのトップへ戻る